RPA

RPA導入までの流れ

人と時間を大量にさいているその業務、ロボットが自動でやってくれるかもしれません。

業務システム向けRPAツール WinActorを30日間無料でご使用いただけるトライアル版をご準備させていただいております。お申込みは下記のボタンよりお願いいたします。

WinActor トライアル版 お申し込みはこちら


導入までの流れ

1.RPA導入の目的を明確化

企業の目指す姿を明確にし(企業理念など)、そのために達成したい具体的な目標を掲げます。そして、目標達成のための方策の1つとして、RPA導入を手段とします。

2.RPA導入の推進体制構築

部署を横断できる担当者を設置し、全社展開を進められるようにします。

3.特定部署・特定業務での現状業務の棚卸

現在の業務を一覧表の作成により可視化し、無駄な業務をやめたり、規定・ルールの変更をし、業務プロセスの見直しをします。

4.RPA化業務の選定

精査した業務一覧の中で、定型業務はRPA化できるかどうか検討します。
定期的に発生し、手順化でき、所定の判断基準がある業務が向いています。
※RPAと「ヒト」を組み合わせた業務フローを設計すると、自動化できる業務は増えます。

5.社員の理解

出来るだけトップダウンで「RPA導入の目標・目的、計画」を社内に展開し、自分の業務が奪われる。という危機感を払しょくしてあげます。

6.特定部署・特定業務でのRPA導入テスト

選定した部署・業務で実際にRPAを稼働させ、効果を検証します。その結果を社員に通達し、RPAの効果への理解を深めて頂きます。

7.RPAの実運用開始

実際の業務でRPAを運用し、当初立てた目標をどのくらい達成できているかを検証します。その事例を基に、他部署・他業務での運用を展開し、効果を最大限まで引き上げます。


業務システム向けRPAツール WinActorを30日間無料でご使用いただけるトライアル版をご準備させていただいております。お申込みは下記のボタンよりお願いいたします。

WinActor トライアル版 お申し込みはこちら

取扱い商品一覧

NEC Software Robot Solution

WinActor

お気軽にお問い合わせください!

「最適な解決策は?」「費用はいくらくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

072-277-0855 (平日 9:00~18:00)

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ