ネットワークカメラ

インターネットを通じてどこからでも映像を確認できます。

ネットワークカメラは、ウェブカメラまたはIP(インターネットプロトコル)カメラとも呼ばれます。撮影した映像は2進数のデジタルデータに変換され、磁気的または電子的に保存されます。DVDやSDカードなどの記録媒体に記録できます。Webサーバ機能を内蔵しており、これによってインターネットや社内LANを通じて画像や映像を送信できます。ネットワークカメラシステムは、ネットワークカメラに専用サーバを接続することで映像の記録・保存とカメラのコントロールを可能にします。インターネットやVPNを通して遠隔地のカメラをコントロール(上下左右パン、ズームなど)ができるため監視用カメラとして、ハードディスク記録による長時間録画と検索性の両立は防犯として導入が進んでいます。


インターネット環境があれば、どこからでもモニタリング可能

インターネットを利用できれば、どこからでもカメラの映像を閲覧できます。上下左右の首振り操作(パン・チルト)やズーム操作などの機能がついてるものを利用すれば、遠隔地にいる管理者がカより詳細な現場確認を行うことが出来ます。また、IDやPasswordを設定してアドレスを公開すれば、特定の人にモニタリングを許可できます。そのため、映像による情報提供「ライブカメラ」として利用することができます。


動きがあった画像だけを検知して保存

モーションセンサー機能があれば、人やモノの動きを検知してからの録画が可能です。録画の使用領域を最小限に抑えることができるため、防犯用途のみで使用する場合に無駄な時間が生まれず長時間の録画が可能となります。また、検知した際は携帯端末に通知できる(※機種によります)ので、何かあった際はいち早く確認することができます。


お気軽にお問い合わせください!

「最適な解決策は?」「費用はいくらくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

072-277-0855 (平日 9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ