UTM WatchGuard Firebox

ネットワーク・セキュリティーの「機能」と「安心」をこの一台で。

UTM「WatchGuard Firebox」は、企業のネットワークに必要な全てのセキュリティー機能を集約し、高いセキュリティー機能とパフォーマンスを実現します。
UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)で、ウイルス感染、不正浸入、迷惑メール、ネットワーク攻撃などさまざまな脅威から防御し、Webフィルタリングやアプリケーション制御によって、企業の生産性を向上させます。

これだけの機能が一台に集約。安心と優れたコストパフォーマンス。

ウィルスの侵入をブロックします。 ゲートウェイ・アンチウイルス

UTMでは、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、アドウェアなどのネットワーク脅威を最新のシグネチャとヒューリスティック検知でブロック。2,500,000以上のウイルスに対応しているほか、自動的にシグネチャを更新し、最新のウイルスに対応。ZIP、RAR、TAR、GZIP、ARC、CABなどの圧縮ファイルにも対応しています。


迷惑メール対策をします。 アンチスパムメール

有害なメールをリアルタイムでブロックし、ウイルスやマルウェア感染をUTMで未然に防ぎます。迷惑メールを一掃することで、日々の業務効率を高め、ネットワークインフラにかかる負荷を軽減。世界的に広く採用されている検知エンジンを採用し、98%以上の高い検知率で不要メールをブロックできます。


WEBサイトへのアクセスを制限します。 Webフィルタリング

業務に関係のないWebサイトへのアクセスを規制・管理し、生産性を高めるとともに、ウイルス感染や情報漏洩などを未然に防ぎます。125カテゴリ、50,000,000以上のURLに対応。ホワイトリスト・ブラックリストでのカスタマイズが可能なほか、ユーザー・グループ・時間などによるポリシー設定も柔軟に行えます。


不正なアクセスを未然に防ぎます。 不正侵入検知・防御

スパイウェア、SQLインジェクション、クロスサイト・スクリプティング、バッファオーバーフローなどのネットワーク攻撃をブロック。15,000以上のシグネチャであらゆる攻撃に対応。常にアップデートを行い、最新の脅威にも対応可能。HTTP、HTTPS、FTP、TCP、UDP、DNS、SMTP、POP3など主要プロトコルを全てスキャン。攻撃元として識別されたIPアドレスは、自動的にブロックします。


ウイルスの拡散を防止します。

インターネット経由以外のウイルス感染があるのでPCにも対策が有効ですが、WatchGuard Fireboxでウイルス拡散を防ぐことができます。WatchGuardを導入しておけば、たとえクライアントPC がウイルスに感染した場合でもウイルスの拡散を防ぐことができます。また、シグネチャを自動更新できるなど、安心の運用が可能。クライアントとゲートウェイの二重のセキュリティーが最適てす。


アプリケーションの使用を制御します。

従来のファイアウォールでは管理できなかったアプリケーションをUTMで制御。2,500以上のシグネチャにより1,800以上のアプリケーションに対応。アプリケーション内の機能を個々に制御することも可能(例:メッセンジャーのチャット機能は「オン」のまま、ファイル転送機能を「オフ」にする)。シグネチャを常にアップデートし、最新のアプリケーションとバージョンアップに対応できるほか、先進的なふるまい分析により、暗号化されたアプリケーションやセキュリティー対策をバイパスするように作られているアプリケーションにも対応。


複合型脅威に対応します。

ますます巧妙になる攻撃からネットワークを守るには WatchGuardのUTMソリューションが必要です。ネットワーク攻撃はますます巧妙となり、複合型の脅威が増加。Eメール内のリンクから不正Webサイトに埋め込まれたマルウェアをダウンロードするように誘導するなど、手口が複雑化しています。複合型脅威には、UTMのような統合ソリューションが最適。導入・運用コスト削減が可能なほか、管理面でも自動シグネチャ更新やバージョンアップなどを簡単に行えます。

お気軽にお問い合わせください!

「最適な解決策は?」「費用はいくらくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

072-277-0855 (平日 9:00~18:00)

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ