新着情報

スマートSMEサポータに認定されました。

2019-03-14

株式会社阪南ビジネスマシン(弊社)は、経済産業省が創設した『中小企業にITツールを提供するITベンダー等を「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」として認定する制度』の認定を受けました。

 

スマートSMEサポーター制度とは?

スマートSMEサポーター制度とは、中小企業者等の生産性向上・経営基盤強化のためにに生産性向上に資するITツールを提供するITベンダー等を「情報処理支援機関」として経済産業省が認定する制度です。
ITベンダー等を情報処理支援機関として認定することにより、中小企業者等が使いやすいITツールの開発の促進、ITベンダーやITツールを選定するために必要な情報を取得できるための支援体制を整備するものとして、2018年7月に施行された改正中小企業等経営強化法により創設されました。

出典:認定情報処理支援機関制度に関する特設ホームページ

なぜこの制度が生まれたのか?

きっかけは弊社でも多くのお客様にご利用いただきましたIT導入補助金です。
2018年には、全国で約15,000社の企業がIT導入補助金を利用して、ITツールの導入を実現しましたが、同時に約4500社のITベンダーが約20,000件のITツールをIT導入補助金の対象ツールとして登録したことで、

・どのITツールに効果があり、また、安全に利用出来るかが分からない
・ITベンダー側の情報発信力や販促力に差が生まれている
・商工団体や士業などの支援機関と協業したベンダーが短期間で多くのIT導入を実現している

などの課題が発生しました。

そこで、経済産業省が生産性向上に資するITツールを提供するITベンダーをスマートSMEサポーターとして認定し、認定された事業者を閲覧することが出来るプラットフォームを構築しました。
これにより、中小企業が生産性向上のためのITツール導入を検討するさいに、安心して任せられるITベンダーを選択しやすくすることを大きな目的としています。

お客様のメリット

ITツール導入の目的は”生産性の向上”です。この大きな目的を達成するための数万ともいわれるITツールを選択し、さらにその導入を安心して任せられるビジネスパートナーを選択することは容易ではありません。ITツールを導入したはよいけれども、うまく使いこなすことができず、生産性向上という大きな目的を達成するすることができなかった、という経験をされた企業様のあるかと思います。

スマートSMEサポーター制度はこのITツール・ITツール導入を依頼する企業を選択する際に大いに役立ちます。

スマートSMEサポーターには、下記の能力が求められます。

  1. IT及びITツールに関する専門的な知識・経験・実績を有していること
  2. 生産性向上を行おうとする中小企業者等に対しIT利活用に係る指導及び助言が行えること
  3. ⻑期間にわたり継続的に⽀援業務を実施するための実施体制を有すること
  4. 広く中⼩企業者等に対して、情報開⽰を⾏うことに同意できること
  5. 欠格条項に該当しないこと
  6. その他事業体に関する確認が可能であること

出典:認定情報処理支援機関制度に関する特設ホームページ

つまり、スマートSMEサポーターに認定された企業は、

・ITツールの導入に関する専門的な知識と経験を有し、
・導入後もしっかりとフォローができ、
・企業として安定している。

ということができます。

中小企業の皆様には、国が認めたこのような企業を検索できるこの制度を利用して、ITツール導入を任せることができる企業を安心して選択できるようになる、という大きなメリットがあります。

認定を受けたITツール

おが~るシステム

手作業で行うことの多い園内での様々な業務をシステムが自動化します。 日々の業務作業を大幅に削減して、子どもと向き合う時間を大切にしていただけます。

 

お気軽にお問い合わせください!

「最適な解決策は?」「費用はどのくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

072-277-0855 (平日 9:00~18:00)

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ