テレワークを導入するためには、以下の3点が重要となります。

コミュニケーション

物理的に離れていたとしても、「いつでも相談できる“身近な”環境」を作る必要があります。
 ビジネスチャットを有効活用すれば、リアルタイムに会話をしているかのような状況を作ることが出来ます。また、Web会議では、顔を見ながら複数人で同時に会議を行うことが出来ます。

実現するために

Microsoft Teams

サイボウズ Office

データ共有

業務に必要なファイルの共有や送信をメール以外で行うことが必要です。
また、大切な機密情報も含まれるため、高いセキュリティ性が求められます。

実現するために

Microsoft Office365

Microsoft Azure

サイボウズ kintone

コンピュータウイルス対策

リモートワーク用のデバイスには当たり前ですが、常に最新バージョンのウイルス対策を適用する必要があり、運用を徹底する必要があります。


実現するために

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス

IT SHIELD

 

新型コロナウィルス感染症対策として、テレワークの新規導入に取り組む中小企業事業主支援策として、「時間外労働等改善助成金」の特例が発表されました!

対象事業主

新型コロナウィルス感染症対策としてテレワークを新規(※)で導入する中小企業事業主
(※試行的に導入している事業主も対象となります)

助成対象の取組

・テレワーク用通信機器(※)の導入、運用
・就業規則、労使協定等の作成、変更等
(※パソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象となりません)

事業実施期間中に

・助成対象の取組を行うこと
・テレワークを実施した労働者が1人以上いること

助成の対象となる事業の実施期間

令和2年2月17日~5月31日(計画の事後提出を可能にし、2月17日以降の取組で交付決定より前の者も助成対象とします。)

支給額

補助率1/2
1企業当たりの上限額:100万円

助成金についてくわしくは厚生労働省ホームページをご確認ください。

お気軽にお問い合わせください!

「最適な解決策は?」「費用はどのくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

072-277-0855 (平日 9:00~18:00)

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ